給水管にバルブ取り付け

2016年2月29日

給水管バルブの取付前の画像 給水管バルブの取付後の画像

クラシアン栃木の山羊です。

給湯器に繋がる給水管にバルブを取り付けたいとご依頼があり、お伺いさせていただきました。
お客様が簡単に手で止める事の出来るバルブを取り付けさせていただきました。


給湯器の交換

2016年2月22日

交換前の給湯器 給湯器交換途中の給湯器置き場 交換後の給湯器

クラシアン栃木のNです。

お湯の温度が安定していない事象で給湯器を交換しました。
交換した給湯器はリンナイ(RUF-A2003SAG(A))の20号タイプです。
給湯器の号数には16号・20号・24号などがあります。
この数字は1分間に何リットルのお湯を出すことができるかを表しており、
20号の場合だと1分で20リットルのお湯を出すことが出来ます。
例えば、お風呂160リットルのお湯をためる場合は8分程かかります。

また、年数も経った給水のバルブが固着していましたので合わせてに交換致しました。


床下の給湯管の配管工事

2016年1月30日

給湯管の配管工事1 給湯管の配管工事2

クラシアン栃木のOです。
今回は前回、床下の銅管から漏水していたお客様の、配管工事にうかがって参りました!

こちらのお宅では、前回お伺いした時、床下にある給湯管から水漏れしていました。
銅管全体に錆が広がっており、劣化した部分に小さな穴が開いてしまい、そこから漏水してしまっていました。
管の引き直しには時間がかかるため、前回は、問題のある箇所を応急処置を施し、今回の給湯管の配管工事となりました。

新しく引き直した給湯管は、架橋ポリエチレン管です(^-^)
架橋ポリエチレン管は、耐熱性・耐食性にも優れているため長期間使用しても安心です。
また、軽量で柔軟性がある素材のため、地震などの災害で衝撃を受けても破損しにくくなっています。
水アカが付着しにくいためとても衛生的で、給水・給湯管としてはぴったりの素材です。

↓前回、漏水した給湯管の様子はこちらです。
2016/12/31『床下で水漏れ』


故障する前に給湯器の点検交換を

2015年11月23日

交換前の給湯器 ガス検知器で給湯器を点検 交換設置後の給湯器

こんにちは。クラシアン栃木支社のTです。
今回は、寒くなるとご依頼が増えてくる給湯器の交換作業をご紹介いたします。

弊社では、ガスや石油の給湯器も取り扱っております。
今回、ご依頼いただいたお客様は、給湯器が故障して、大変お困りでいらっしゃいました。朝晩の冷え込みが深まるこの時期にお湯が使えないと、とても不便ですよね。
幸い、すぐにお伺いし交換することが出来ましたので、安心していただくことが出来ました。
交換作業の正確性はもちろん、弊社では、ガス給湯器の施工後にガス検知器を使用して点検をおこない、安全面にもしっかりと配慮しております。

寒くなると機械も調子が悪くなって、いきなり給湯器が故障してお湯が使えないなんてことがよくあります。それに、ただ不便なだけでなく、古くなった給湯器は不完全燃焼など安全面においても問題があります。
使用していて、異音がしたり、お湯の温度が急に不安定になったり、普段とちがう違和感を感じられましたら、クラシアン栃木までご相談ください。

クラシアンでは出張・点検・お見積もりまでは無料でおこないます。
給湯器をはじめ浴室やキッチンなど、水まわりでお悩みのことがあれば、お気軽にお電話ください。お客様のお電話、お待ちしております。


給湯器交換

2015年5月25日

既存の給湯器 給湯器を外した状態 交換後の給湯器

栃木県日光市のお客様に、給湯器交換をご依頼いただきました。

今回、給湯器が使用できなくなったという事で、既存の給湯器より燃費の良い給湯器に交換致しました。
パロマの屋外壁掛型のガス温水機器(本体:FH-204AWD/リモコン:MFC-126)。スイッチ一つで湯量・温度設定、保温(おいだき)・たし湯が自動で行えるタイプです。
給湯器の故障・交換も、クラシアンまでご相談ください。

クラシアン栃木支社 N