クラシアンおすすめトイレにお取替え

2018年5月25日

交換前のトイレ 交換後のトイレ

クラシアン沖縄のMです。

お客様よりクラシアンでおすすめしているトイレの商品についてお見積もりのご依頼が入りました。
お客様宅にお伺い致しますと、25年以上長く使用しているということで便器交換をおすすめ致しました。
お見積もりにご納得いただき、商品をお取り寄せ後作業を行いました。
交換後、工事の仕上がりにとても喜んでいただき、またクラシアンを利用したいと嬉しいお言葉をいただきました。

水廻りのことは『株式会社クラシアン』まで是非お問い合わせ下さい。


トイレのリフォーム

2018年5月2日

IMG_20180423_092819.jpg IMG_20180423_115839.jpg

おはようございます。クラシアン沖縄、Hです。

洋式トイレ交換の案件です。
古くなったトイレを新しく取り替えたいとのご要望があり、お客様が使われていた便器を最新の節水型便器TOTOトイレ、ピュアレストQR(CS230B,SH231BA)とウォシュレット(KMシリーズ(TCF8FM55))の組み合わせで交換工事いたしました。
オート洗浄付きのウォシュレットで、座って立ち上がったら自動で流してくれる賢いウォシュレットです。
ペーパーホールダーは2連ペーパーホールダーに交換し、トイレ空間が生まれ変わりました。
トイレのリフォームならクラシアンにおまかせ下さい。


トイレ交換

2018年3月13日

IMG_20180304_194420.jpg IMG_20180307_112146.jpg IMG_20180307_112131.jpg

おはようございます。クラシアン沖縄、Hです。

トイレ交換のご依頼をいただきました。
古くなったトイレでは、便器の中に尿石が溜まっていたり、タンク内の部品が劣化して水が溜まりにくくなっていました。
交換したトイレはINAXの最新のフチレストイレです。フチがないのでお手入れが格段に楽にできる商品です。
トイレ交換はクラシアン沖縄にお任せください。


トイレ交換工事

2018年3月11日

IMG_20180309_112025.jpg IMG_20180309_122551.jpg

こんにちは!クラシアン沖縄です。

弊社でおすすめしているトイレセットに交換いたしました。
交換の際は、お見積もり無料のクラシアンへ!


トイレの流れが悪いと思っていたら、床 から水が・・・

2018年1月25日

3_2.jpg 3_3.jpg 32.jpg 3.jpg

こんにちは、クラシアン沖縄のK本です。

北谷町のお客様宅でトイレの詰まりに加え、便器と床の間から水がしみだして来ております。現場に急行いたしました。
お伺いし実際に水を流してみると、トイレの流れが悪く、少しすると便器と床の間から水がしみだしてきます。
お客様に詳しく状況をお聞きしたところ、1か月前ぐらいから流れが悪くなり、昨日から便器と床の間から水がしみだしてきたので驚いて依頼されたそうです。
特に、ペーパー以外のものを流してしまった記憶もないとの事でした。

このような症状の場合、便器内の詰まりよりも、便器下の排水管が詰まっている可能性が高いです。
と同時に、便器と排水管を接続しているフランジという部材が傷んでいると、便器と床の間から水がしみだしてきます。
フランジ部が正常な状態の場合、詰まって水が流れない場合でも、便器内に水が溜まるだけで、床に水がしみ出して来ないようになっています。

まずは、屋外にある排水マスというマンホール状の点検口を開け、問題がないかを確認します。
今回は、排水マス付近には異常はみられませんでした。
そこで、排水管の詰まり修理と便器の取外し取付工事、フランジ部交換の御見積もりをご提示いたしました。
また、今の便器自体は30年以上もご使用されていましたので、クラシアンでお得なトイレ取り換え工事のお見積もりも合わせてご案内いたしました。
この、クラシアンおすすめトイレはLIXILI製の最新の便器で、水量が従来トイレの3分の1ですみ、便器にフチがないためお掃除がラクラクです。
さらに、このトイレ工事には工事費に加え、フランジと止水栓の交換費用が含まれています。
お客様はついでに新しくしたいとのご希望でしたが、金額がかなり高くなるようであればチョットとの事です。
既存の便器を再度取り付ける修理よりは高くなりますが、差額があまり大きくない事を考慮され、新しい便器に取り替えることになりました。

便器を取り外してわかったのですが、
排水管の詰まりの原因は、フランジの下の排水管に隙間があり、その隙間から木の根が長い年月かけ排水管の中に侵入し、排水管の奥で根が広がり流れをせき止めていました。
その根っこをトーラーというワイヤー器具で取り除きました。取り除いた根っこを見てお客様は大変驚かれていました。

詰まりの原因の根っこをすべて取り除き、隙間のできた排水管を修理し、フランジと止水栓を交換しました。
便器を取付し、便器と床の間には、コーキング材で防水します。
最後に、タンク、便座を取り付けて完成です。

詰まりや水漏れの原因が解消され、お客様にはホッと安心して頂けました。

水まわりのトラブルは、さまざまな事象が重なっていることもあります。
少しでも気になる事がありましたら、お気軽にご連絡下さい。


トイレのリフォーム工事

2017年10月24日

IMG_20170921_091052.jpg IMG_20170921_135707.jpg IMG_20170922_173852.jpg

クラシアン沖縄の○城です。

和式トイレを洋式トイレにリフォームいたしました。
バリアフリーになり「苦痛だったトイレが楽しみになりました」と喜んでいただきました。
私たちクラシアン人は、お客様に喜こんでいただけた一言の為に働いているなと実感しました。


SFAポンプの設置

2016年10月5日

IMG_20160930_122126.jpg IMG_20160930_122203.jpg IMG_20160930_122403.jpg IMG_20160804_191940.jpg

こんにちは!クラシアン沖縄です。

SFAポンプの施工事例をご紹介いたします。

SFAポンプを取り付ければ排水設備が無いお部屋にも、大掛かりな工事をせずに格安でトイレが設置出来ます。

給水はお隣のトイレから引き回し、排水は20ミリのパイプで屋外に接続しました!

お問い合わせはクラシアン沖縄まで(ゝω・)


トイレ交換工事(特殊な排水芯120mm)

2016年9月26日

IMG_20160924_093855.jpg IMG_20160924_110153.jpg IMG_20160924_102129.jpg IMG_20160924_102258.jpg IMG_20160924_114845.jpgIMG_20160924_114910.jpg

こんにちは、クラシアン沖縄のk本です。

お掃除のしやすいフチナシトイレ「アメージュZ フチレス」への交換工事です。
しかも、LIXIL超自信作「100年クリーン」でおなじみの新素材アクアセラミックのトイレです!

今回の工事は、排水芯が120mmと特殊です。
この排水芯120mmと言うのは、後ろ壁から床の排水管の芯(真ん中)までの長さが120mmのことです。
このタイプからのトイレ交換工事は、通常ゆかを解体して排水管を現在の規格である200mmに変更し、床を補修する工事が必要になります。
沖縄県では、トイレの床を水で流してお掃除する事が主流の為、タイル仕上げになっているのでかなり大掛かりな工事が必要になります。
ですが、LIXIL製の便器は床工事をしなくても気軽に便器取り替えの工事ができます。
(TOTO製品にも上級グレードで対応できるのですが、タイル床を水で流してお掃除される場合に取り付ける、オプションの背面カバーがありません。)

クラシアンでは特殊な工事も可能な限り対応いたします。
お気軽にご相談ください。


トイレの交換

2016年9月13日

IMG_5165.JPG IMG_5165.JPG

クラシアン沖縄のNです。

便器とタンクの間からの水漏れしているトイレを、新しいトイレに交換いたしました。

当社おすすめトイレセット(超節水モデル便器)に関心をいただき、交換対応いたしました。

プラモデル好きなお子様から、熱い視線を浴びながらの交換作業となりました。

一つ一つの仕事を丁寧に対応し、お客様へ安心をお届けします。 

水回りのトラブル相談は『くらし安心 クラシアン』へお声かけください。