洋式トイレの詰まりトラブル

2018年2月25日

IMG_20180225_133426.jpg IMG_20180225_131741.jpg IMG_20180225_131909.jpg IMG_20180225_133445.jpg

クラシアン沖縄のNです。

洋式トイレの詰まりトラブルでご依頼がありました。
お客様から詳しくお話しを伺ったところ、便器内に異物が混入している可能性が高いことが分かりました。

作業手順としては、便器とタンクを取り外して、混入している異物を除去し、取り外した便器とタンクをもとに戻します。
最後に詰まりが改善されたか便器に水を流して確認し、作業完了です。

水回りのお困り事は、どうぞお気軽に『くらし安心 クラシアン』まで!皆様の『暮らしに安心』を提供できるようご対応致します。


トイレの流れが悪いと思っていたら、床 から水が・・・

2018年1月25日

3_2.jpg 3_3.jpg 32.jpg 3.jpg

こんにちは、クラシアン沖縄のK本です。

北谷町のお客様宅でトイレの詰まりに加え、便器と床の間から水がしみだして来ております。現場に急行いたしました。
お伺いし実際に水を流してみると、トイレの流れが悪く、少しすると便器と床の間から水がしみだしてきます。
お客様に詳しく状況をお聞きしたところ、1か月前ぐらいから流れが悪くなり、昨日から便器と床の間から水がしみだしてきたので驚いて依頼されたそうです。
特に、ペーパー以外のものを流してしまった記憶もないとの事でした。

このような症状の場合、便器内の詰まりよりも、便器下の排水管が詰まっている可能性が高いです。
と同時に、便器と排水管を接続しているフランジという部材が傷んでいると、便器と床の間から水がしみだしてきます。
フランジ部が正常な状態の場合、詰まって水が流れない場合でも、便器内に水が溜まるだけで、床に水がしみ出して来ないようになっています。

まずは、屋外にある排水マスというマンホール状の点検口を開け、問題がないかを確認します。
今回は、排水マス付近には異常はみられませんでした。
そこで、排水管の詰まり修理と便器の取外し取付工事、フランジ部交換の御見積もりをご提示いたしました。
また、今の便器自体は30年以上もご使用されていましたので、クラシアンでお得なトイレ取り換え工事のお見積もりも合わせてご案内いたしました。
この、クラシアンおすすめトイレはLIXILI製の最新の便器で、水量が従来トイレの3分の1ですみ、便器にフチがないためお掃除がラクラクです。
さらに、このトイレ工事には工事費に加え、フランジと止水栓の交換費用が含まれています。
お客様はついでに新しくしたいとのご希望でしたが、金額がかなり高くなるようであればチョットとの事です。
既存の便器を再度取り付ける修理よりは高くなりますが、差額があまり大きくない事を考慮され、新しい便器に取り替えることになりました。

便器を取り外してわかったのですが、
排水管の詰まりの原因は、フランジの下の排水管に隙間があり、その隙間から木の根が長い年月かけ排水管の中に侵入し、排水管の奥で根が広がり流れをせき止めていました。
その根っこをトーラーというワイヤー器具で取り除きました。取り除いた根っこを見てお客様は大変驚かれていました。

詰まりの原因の根っこをすべて取り除き、隙間のできた排水管を修理し、フランジと止水栓を交換しました。
便器を取付し、便器と床の間には、コーキング材で防水します。
最後に、タンク、便座を取り付けて完成です。

詰まりや水漏れの原因が解消され、お客様にはホッと安心して頂けました。

水まわりのトラブルは、さまざまな事象が重なっていることもあります。
少しでも気になる事がありましたら、お気軽にご連絡下さい。


排水管内の尿石除去

2017年12月26日

IMG_20170721_091210.jpg IMG_20170708_155651.jpg IMG_20170721_111250.jpg IMG_20170708_172129.jpg

クラシアン沖縄のNです。

洋式トイレの詰まり除去のご依頼がありました。
その日は日曜日ということでご依頼元でイベント開催がありました。使用頻度が午後から多くなる為に午前中での詰まり除去を要望されました。
たびたび詰まってしまう原因を究明するため、排水管内をファイバースコープで調査したところ、多量の尿石が蓄積しており、詰まりの原因となっていることが分かりました。
尿石を除去する為に尿石除去薬品を投入し、約30分ほど経過したのち、超高圧洗浄で尿石の除去作業を開始!きれいに排水されるよう改善いたしました。
片付けも含めて午前中で全て完了し、繁忙時間に間に合わすことができました!!

水回りのお困り事は、どうぞお気軽に『くらし安心 クラシアン』までご連絡下さい。
皆様の『暮らしに安心』を提供できるよう対応致します。


小便器のフラッシュバルブ交換

2017年12月19日

IMG_20170923_175637.jpg IMG_20171007_094919.jpg

おはようございます。クラシアン沖縄、Hです。

小便器で水漏れしている案件です。
小便器のフラッシュバルブを押すと水が止まりません。
フラッシュバルブの交換にて対応となりました。
交換したフラッシュバルブはTOTO製で、見た目に高級感があり、ボタンが大きく押しやすいです。
水のトラブルはクラシアンまでお気軽にご連絡ください。


小便器の排水詰まりを除去

2017年9月10日

IMG_20170910_105031.jpg IMG_20170910_113346.jpg

クラシアン沖縄のNです。

店舗の男性用トイレで小便器の排水詰まりがあり急行いたしました。
現場で症状確認をすると、複数台ある内の1台が全く排水されません。
日曜日ということでイベント開催があり、午後から使用頻度が多くなるので午前中に詰まり除去を要望されました。

10時に依頼をいただき、10時40分に現場到着し作業開始。尿石除去薬品を投入して、約20分ほど経過したのちワイヤーで尿石除去の作業を開始。
無事きれいに排水されるよう改善いたしました。11時30分には片付けも含めて全て完了です。
繁忙時間に間に合わせることができ、お客様に安心していただけました。

水回りのお困り事は、どうぞ気軽に『くらし安心 クラシアン』までご連絡ください。
皆様の『暮らしに安心』を提供できるよう対応致します。


トイレの詰まり除去!

2017年7月30日

IMG_20170725_151845.jpg IMG_20170725_152726.jpg IMG_20170725_153756.jpg

クラシアン沖縄のK本です。

店舗様のお客様用トイレで詰まりが発生いたしました。
「溢れて使えないので直してほしい」とお電話いただき現場に駆けつけました。

トイレの詰まる原因はいろいろありますが、大きく分けると3種類あります。
1、トイレットペーパーや汚物での詰まり
2、異物(おもちゃ、消臭剤のふた、携帯電話など)による詰まり
3、便器より下の排水管の原因による詰まり

トイレットペーパーや汚物などの溶けるものが原因の場合圧力ポンプにて水圧を利用し詰まり除去します。
異物による詰まりの場合、便器タンクを取り外し、引っかかっている異物を除去してから便器を付け直します。
排水管の詰まりの場合は、便器タンクを取り外し、排水管にワイヤー器具を入れて詰まりを除去する場合と、
屋外の排水升から高圧洗浄機の配管洗浄用特殊ホースを使用して詰まりを水圧でかき出し除去する方法があります。
今回の現場では、お客様がトイレットペーパーを大量に流されたようでペーパーによる詰まりです。
圧力ポンプでの作業で詰まりを除去いたしました。

トイレが詰まってお困りの際は、クラシアンにご連絡ください。
どのような原因の詰まりでも、まずは無料で調査をしお見積りを作成いたします。
お見積りにご了承いただけましたら、迅速に作業に取りかかります。


トイレの床排水詰まり

2017年5月9日

IMG_20170502_124347.jpg IMG_20170502_132939.jpg

トイレの床排水が詰まったとご連絡を受け現場の店舗にお伺いました。

お客様用のトイレの床排水が詰まりっておりました。
長年のご使用による汚れが排水管内に蓄積していることで水が流れなくなっています。
ワイヤーを排水管内に挿入し、排水管内の汚れを取り除く作業を行いました。

詰まり除去作業の後は、排水まわりの汚れを清掃し、水の流れチェックを再度行い作業完了です。

水回りのお困り事は、どうぞ気軽に『くらし安心 クラシアン』にご相談ください。
皆様の『暮らしに安心』を提供できるよう対応致します。


洋式トイレの詰まり除去

2016年9月18日

IMG_5165.JPG

クラシアン沖縄のHです。

洋式トイレで詰まりのご連絡が入りました。

トイレ詰まりでは、詰まった原因により対処方法が異なります。

便器に物を落とされていたので、トイレを取り外し異物の除去いたしました。

どんな水回りのトラブルでも、お気軽にご連絡ください。


外国製の小便器を日本製に(^^)

2016年1月5日

改修工事前の外国製の小便器1 改修工事前の外国製の小便器2 小便器を外した壁 壁の中の給水管を移設 改修後の新しい壁掛け小便器1 改修後の新しい壁掛け小便器2

クラシアン沖縄営業所のk本です。
今回は、外国製の小便器の改修工事のご相談をいただきました。

小便器は、既存の排水管の位置を基準に、『取り付けられるかどうか』と『取り付ける機種』を判別します。
外国製ですと、日本の規格と違いが大きく、基本的には大掛かりなリフォーム工事が必要になります。
ですが、今回は壁などを極力そのままで交換工事を行うことがお客様のご希望です。

そこで、新たに取り付ける機種を入念に選別し、toto製の壁掛け小便器UFH570に決定しました。
新しい便器の壁掛け金具取り付け位置に補強材を入れたり、壁の後ろで給水管を移設したりと作業内容は多く時間もかかりますが、完成すると喜んで頂けますし、達成感も感じられます。

小便器を長く使っていると、排水管に『尿石』と言う汚れの固まりが固着し、流れが悪くなってしまいます。今回は、工事の途中に専用の薬品とワイヤー器具を使用し排水管のお掃除もしました。

外国製製品からのお取り替えやリフォーム工事も、全力でお力になります。
水まわりの施工でお困りの際は、お気軽にお電話下さい。


店舗トイレのつまり

2015年5月11日

クラシアン沖縄の川本です。

ゴールデンウイーク中、店舗様の男性トイレ、女性トイレの全てが詰まって使用できない状態になっているとご連絡を頂きました。

同時に問題が起こるということは、原因は排水管の詰まりにあると考え、排水マスを確認させていただきました。

マスは荷物の搬入口にありましたので、トラックを移動してもらい作業開始です。

トイレやマス共に確認した結果、原因は汚れの蓄積によるものでした。
排水管に蓄積した尿石に、ペーパーが引っかかることで徐々に汚れが蓄積し、排水管全部が詰まってしまったようです。

高圧洗浄にて詰まりを除去し、念入りに排水管を清掃しました。
全てのトイレの詰まりが解消し、安心してご利用頂けるようになりました。

定期的な清掃をすることで、このようなトラブルは回避できますので、大変なことになってしまう前にご相談下さい。
クラシアンは出張費・点検・お見積り無料です。