排水の異臭、原因を究明!!

1498321005380.jpg 1498321017476.jpg 1498321017476.jpg

クラシアン沖縄のk本です。

店舗様の2階部分にあるトイレから異臭がする現場にお伺いしました。
伺ってみると、女性用トイレだけ確かにツーンとする独特の排水臭がします。
かなり前からこの排水臭に悩まされていて、他の業者さん3件に相談したそうですが解決しなかったとの事でした。

調査したところ原因を突き止めました。
トイレの床を水洗いしたときに排水される排水管内のトラップで封水(排水管内の異臭を宅内に入り込むこと防いでいる水)がなくなる事によって排水管内の異臭が宅内に入り込んでいました。
さらに換気扇を使用することで排水管内の空気が宅内に吸い込まれ異臭が増してしまっています。

排水トラップの封水がなくなる原因としてよくあるのは、水を床に流さない期間が長く続くと蒸発してしまうことがあげられます。
しかし、今回の現場では、朝のトイレ掃除で床を水洗いしているにもかかわらず、お昼ごろには異臭がし始めています。
再度、トラップに水を入れるとそのときは匂いは収まりますが夕方にはまた異臭がし始めてしまいます。

排水管トラップの封水がなくなることが臭いの原因なのですが、なぜ短期間でなくなってしまうのかを、もう一度徹底的に調査しました。
可能性としては排水管内に汚れが蓄積し便器の水を流す際に排水管内に水が一旦滞水し、その水が流れていくときに空気を吸い込もうとし、空気と一緒に床の排水管にある封水を引っ張っていく事が考えられます。
ですが、排水管内の洗浄は1カ月ほど前に他社さんにて対応済みでした。
もう一の原因として、排水管の接続の仕方が影響し、便器の水が排水管内を流れるときに繋がっている床排水の空気を一緒に引っ張ってしまうことが考えられます。

さまざまに要因を総合的に判断し、後者の可能性が高い事でその対策を行うことにしました。
対策方法は、排水管内の空気が引っ張られていくときに、別の経路から必要な分だけ空気を吸い込むことのできる吸気弁と言う部材を排水管の途中に取り付けます。
通常、吸気弁は便器の水位より高いところに取り付けますが(万が一排水管が詰まったときにあふれ出さないようにする為)今回は2階の床下部分の配管にしか取り付けることが出来ません。
その場合、低位吸気弁と言う特殊な吸気弁を使います。これは、万が一排水管が詰まったときには吸気弁を強制的に蓋をしあふれることをを防ぐ機能がついています。
工事後、数日様子を見ていただきご連絡したところ、異臭がしなくなったと喜んでいただけました。

排水の異臭は独特なツーンとする匂いが伴い、とても不快なものです。
しかし、匂いの原因が特定しずらく解決が出来ずにあきらめている方も多くいらしゃいます。
もし、異臭など気になる事がありましたら、クラシアンにお気軽にご相談ください。


省エネタイプのインバータポンプ

IMG_20170603_093815.jpg IMG_20170607_112620.jpg IMG_20170607_112615.jpg

おはようございます。クラシアン沖縄のHです。

浅井戸用ポンプが故障し、動作しなくなっている現場にお伺いしました。

省エネタイプのインバータポンプにお取り換えいたしました。

どんな水回りのトラブルでも、お気軽にご連絡ください。


船を清掃するための水道を修理

IMG_20170606_121941.jpg

こんにちは、クラシアン沖縄です。

船を清掃するための水道の接続部分から水漏れしており、修理依頼をいただきました。
部品を探しだし対応いたしました。


給水管で錆び詰まり

IMG_20170520_094703.jpg IMG_20170520_132613.jpg

クラシアン沖縄の N です。

1階店舗の水が全く出ない症状で現場に駆けつけました。

原因を調べる為に給水管のルートを確認。
1階店舗と2階オーナー様宅の給水方法が異なる事が分かりました。
店舗は屋上のタンクに水を溜めてから1階に下って給水されるのですが、屋上のタンク内に水が全く無い状況です。

原因は給水管の錆び詰まりによる給水不良であることが分かりました。
ゲートバルブの接続部分で錆び詰まりが確認できました。
オーナー様に状況をご説明し緊急の給水工事を行いました。
迅速な対応で1階店舗は営業停止することなく工事が完了いたしました。

水回りのお困り事は、どうぞ気軽に『くらし安心 クラシアン』まで。
皆様の『暮らしに安心』を提供できるよう対応致します。


給水管で漏水

IMG_20170518_101730.jpg

こんにちは!クラシアン沖縄です。

給水管で漏水している現場です。
漏れている箇所の給水管を交換致しました。


ディスポーザーの水漏れ!ディスポーザーから通常の排水栓へ

b1.jpg b2.jpg b3.jpg b4.jpg b5.jpg b6.jpg

こんにちは。クラシアン沖縄のK本です。

台所のディスポーザー(生ごみ処理機)の本体から水漏れしている現場にお伺いしました。

水漏れの原因は、ディスポーザー本体の金属部分が腐食し穴が開いたことによるもので、シンク下に水漏れしていました。
改善の方法は、ディスポーザー本体の取り替えになりますが、お客様にお話をお聞きすると、
「マンション購入時からディスポーザーが付いていますが、実はあまり使っていないのでできればディポーザーじゃないほうがいい」とのことです。
クラシアンでは、ディスポーザー本体の取り換え工事も行っていますが、通常の排水タイプに切り替える工事も行なっています。

今回は、お客様のご要望にあわせて通常の排水タイプに切り替えました。
故障したディスポーザーを撤去し、同時に排水管内もお掃除し、新たに設置する排水栓とシンクの間には防水の為にシリコンを塗布します。
(排水栓の選定には、直径と既存の排水位置の高さを考慮し、数ある排水栓の中から現場に合わせて選定します。)
マンションの場合排水管接続は、ジャバラホースではなく排水管直結で接続します。
水漏れが無いか念入りに確認して完了です。

お客様には、キッチンがすっきりして良かったと喜んでいただけました。
マンションには、もともとディポーザーが設置されている場合も多くあります。
経年劣化し、ディスポーザー本体の取り換えや、今回のような排水栓に切り替える場合、お気軽にご相談ください。
数多くの現場経験と豊富な知識で水回りを快適にするお手伝いをいたします。
ディスポーザー本体交換はクラシアンにお任せ下さい。


お客様が用意した蛇口をお取り付け

IMG_20170317_202138.jpg IMG_20170317_214520.jpg

おはようございます。クラシアン沖縄、Hです。

古い蛇口のお取り替えです。
お客様がご用意された蛇口をお取り付けいたしました。
蛇口交換後、トイレ空間が豪華になりました。

どんな水回りのトラブルでも、お気軽にご連絡ください。


トイレの床排水詰まり

IMG_20170502_124347.jpg IMG_20170502_132939.jpg

トイレの床排水が詰まったとご連絡を受け現場の店舗にお伺いました。

お客様用のトイレの床排水が詰まりっておりました。
長年のご使用による汚れが排水管内に蓄積していることで水が流れなくなっています。
ワイヤーを排水管内に挿入し、排水管内の汚れを取り除く作業を行いました。

詰まり除去作業の後は、排水まわりの汚れを清掃し、水の流れチェックを再度行い作業完了です。

水回りのお困り事は、どうぞ気軽に『くらし安心 クラシアン』にご相談ください。
皆様の『暮らしに安心』を提供できるよう対応致します。