排気のトラブル

2018年2月26日

1519568089704.jpg 1519568098880.jpg 1519566084620.jpg 1519566101412.jpg 1519568659597.jpg 1519565906156.jpg 1519565875651.jpg 1519565856055.jpg 1519565666029.jpg 1519565654730.jpg 1519565644736.jpg 1519565627858.jpg 1519565756974.jpg 1519568069928.jpg 1519565789966.jpg

こんばんは。クラシアン横須賀のKです。

給湯器の調子が悪いとご連絡いただきました。
さっそく見に伺ったところ、かなり年数がたっているであろう給湯器とご対面です。

交換することになりそうですが、問題があることに気がつきました。
同じタイプの給湯器に交換すると排気に問題があります。
話を聞いてみるとガス会社でも同じことを言われたそうです。
もともとの作りだと問題はなかったのですが、ガラスの雨よけを最近取り付けられたようで、そのことによって排気のこもる作りになってしまったのです。
排気がこもってしまうと一酸化炭素中毒で最悪の場合、死に至るケースもあります。
そのため排気の処理というのは一番重要なのです。

今回は排気筒の施工も含めた作業を紹介致します。
排気筒の施工は下請けのガス屋さんにしっかりと施工してもらいました。

まずは配管を外し給湯器を取り外します。
新しく設置する給湯器には上方排気タイプを使用します。
上方排気を選定した理由は排気筒の施工が一番スマートに行えるからです。
給湯器の排気は4曲がり7m以内という決まりがあります。
これに違反してしまうとガス会社が発見次第ガスの供給が止められてしまいます。
そのようなことがないようにしっかりと考え、一番最適な方法で品物の選定をします。

給湯器をしっかりと壁に固定したあとは排気筒の施工です。
排気筒には直管や90°曲がりのエルボ、スライド管等があります。
事前に現調したうえで無駄の出ないように注文しました。
管同士の接続の部分にはしっかりとアルミテープを貼り、排気が逃げることのないよう密閉します。
管自体にもそれなりの重さがありますので、天井や壁に支持金具を取り付け管を固定します。
ある程度の傾斜をつけ外に向けて排気します。外に出す最後の部分は45°なり90°なりで雨等が入らないようにします。
排気口には動物等が入らないように網目のものが取り付けてあります。
メーカーさんから聞いた話によると、昔、鳥が排気筒の中に入ってしまい、爆発事故が起きたこともあるそうです。
ガス屋さんに排気筒の施工を行ってもらっているときにも私は、給湯器のガス・給水・給湯配管の接続、保温材・お部屋のリモコン交換などをして、しっかりと働いていましたよ(笑)
これで一酸化炭素中毒の心配もなくなり安心してお湯をお使いいただけます。

このように私たちは水まわりの施工を通じて、日々たくさんの知識を身につけております。
10年以上この仕事をしている私も毎日が勉強です。
たくさんのお客様に呼んでいただき、たくさんの家を見させて頂きながらしっかりと問題を解決することで、吸収できることは吸収し、他の現場でも役立たせてもらっています。

水周りのことだけではなく家全般の悩みや問題等、なんでもご相談下さい。
スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


給湯器の勉強会

2017年10月29日

IMG_20171026_170923.jpg IMG_20171026_181730.jpg IMG_20171026_181810.jpg IMG_20171026_182236.jpg IMG_20171026_183529.jpg IMG_20171026_183107.jpg

クラシアン港南のTです。

これから冬に向けてお取り換えのご依頼が急増する給湯器の勉強会を開催致しました。
給湯器といっても、用途や設置場所によって様々な機種があります。
設置場所では、壁掛けや据え置き型など。用途では、エコジョーズ床暖房や乾燥機付き熱源機器などお客様には「・・・?」と思うことを、分かりやすく説明する必要があります。
お客様に快適な暮らしをご提案できるように定期的に勉強会を開催し、各スタッフのスキルを向上させております。


2台の給湯器を1台に集約

2017年6月25日

1498321005380.jpg 1498321017476.jpg 1498321028387.jpg 1498321054251.jpg

こんにちは。
クラシアン横須賀、所長のKです。

灯油給湯器のタンクが破損して油が漏れてしまっているトラブルです。
給湯器の設置場所に行く前からすでに油の臭い!

かなり漏れているというのがわかりました。
しかし、この灯油のタンクがかわいい(笑)

18Lと、とても小さいタンクでした。
お話をしているとどうやら灯油の給湯器はお湯張り・追い焚き専用ということで、シャワーはガスの給湯器を使用しているとのこと。

ともに耐用年数を過ぎていたためこの際なのでタンク交換ではなく、2台の給湯器を1台に集約するご提案をいたしました。

今回は本体の故障というご依頼ではありませんでしたが、なにも給湯器は冬にしか壊れないというわけではありません。
給湯器が夏に壊れることもたくさんあります。

着火が遅い・温度が一定にならない・異音・異臭等、給湯器の故障のサインが出ている場合、使用年数が8年を超えているならば交換をお勧め致します。

クラシアンでは都市ガス・プロパンガス・石油、どのタイプの交換も行っております。

皆様からのご連絡、スタッフ一同お待ち申し上げております。