水道屋でもこんなことが出来るんです!

2017年10月24日

1508850160717.jpg 1508850173142.jpg 1508850184318.jpg 1508850205515.jpg 1508850217966.jpg 1508850244403.jpg 1508850255676.jpg

こんばんは、クラシアン横須賀の所長Kです。

トイレ交換で大工作業と内装作業をプラスした工事をご紹介いたします。

トイレタンク横の給水管から水漏れしている現場にお伺いしました。
給水管の交換をして水漏れはおさまったのですが、水漏れしていた期間が長かったようで、フローリングがだいぶ剥がれてしまっていました。
床鳴りがありトイレが古いことから、床の張り替えとトイレ交換を合わせてご提案いたしました。

ご提案した作業で必要な職人さんは水道屋・大工・内装屋です。
それぞれ外注さんを呼んでしまうと「にんく」と言われる人件費がかかってしまいます。
賃貸物件ということもあり、できるだけ安価での作業をご希望されています。
お客様とご相談し、外注さんを使わずに施工することとなりました。

まずは便器を取り外します。
次に巾木(床と壁の間にある木)に沿って丸鋸(床を切る道具)を入れ床の内側を開け張り替えます。
根太(床を支えている木)の幅に合わせてコンパネを張っていきます。
今回、トイレの奥が斜めになっており一般的な長方形のトイレより難易度が上がります。
床が張り終わった後は内装工事です。
床の上にクッションフロアを貼っていきます。

ここからは本来の水道屋のお仕事です。
便器・タンク・お客様がご用意した便座を取り付け、一人トイレリフォームの完成です。
作業は合計5時間で終了いたしました。

クラシアンでは水道屋以外のスキルを身につけているスタッフが多数在籍しています。
「外注さん呼ぶと高くなるだろう・・・ 人がいっぺんにくるのはちょっと・・・」
と、なかなか直すまでの一歩が踏み出せないというお客様、ご希望に添えるよう様々なご提案をさせていただきます。
お客様からのご連絡をスタッフ一同お待ち申し上げております。


トイレのリフォーム 『作業風景大公開!』

2016年11月25日

         《リフォーム前》                         《リフォーム後》

IMG_2768.jpg IMG_2768.jpg

 
こんにちは。
クラシアン川崎です。

トイレリフォームのご依頼があり、お客様のお宅にお伺いしました。

お話をお伺いすると、便器へ流れる水がいつまでも出続けているそうです。

実際にトイレを拝見させていただくと、ボールタップと呼ばれているタンク内部品が故障してることで、水漏れしていることが分かりました。
 

IMG_2768.jpg

 
お客様に状況をご説明し、部品交換で水漏れの修理が可能であることをお伝えいたしました。

10年以上ご使用されたトイレなので交換したいと考えていたお客様は、当初の予定通りリフォームすることを選ばれました。

リフォームの大まかな流れです。

  1. 便器や便座、トイレの内装など、お客様のご希望やお好みをお聞きしながら一緒にリフォーム内容を決めていきます。
  2. リフォームの内容が決まったら、これまでご使用されていたトイレを取り外します。
  3. 給排水の部品である止水栓、排水ソケット、フランジ、立ち上げソケットなどを取り外します。
  4. 古っくなった、床のクッションフロアと巾木を剥がします
  5. 新しいクッションフロアと巾木を張り付けます。
  6. 新しい止水栓、排水ソケット、フランジ、立ち上げソケットなどを取りつけます。
  7. 新しいトイレを取り付けます。

 
 
それでは、実際に順を追って見ていきましょう♪

まずは、トイレを取り外すための準備をします。
元栓と止水栓を閉めて、トイレに水が供給されないようにします。
(トイレ内の作業を行うときには事前に止水栓を閉めることで、水が誤って噴き出す事故を未然に防ぐことができます)
水の供給が止まったら、タンクのレバーを開けて水を出し切ります。タンク内の水が空になったら便器に残った水を灯油ポンプで全て抜きます。

 
 
水を全て抜いたら、トイレを外していきます。
順番としては、便座⇒タンク⇒便器の順に取り外していきます。

IMG_2768.jpg

 
 
トイレが全て外し終わったら止水栓、排水ソケット、フランジ、立ち上げソケットなど給排水部品を外していきます。
今回のトイレタイプでは止水栓、排水ソケットと立ち上げソケットを外します。
床の面の高さでシャーパーを入れ、排水ソケットを切り取ります。
排水管に糊付けされた立ち上げソケットの一部を、火で熱を加えて剥がし取ります。
給水部品である止水栓を取り外します。

IMG_2768.jpg IMG_2768.jpg

 
 
続いて、床のクッションフロアと巾木を剥がします。

IMG_2768.jpg

 
 
取り外すものが全て終わったので、外したときとは逆の流れで内装⇒給排水⇒便器⇒タンク⇒便座の順で仕上げていきます。
まずは、内装から、クッションフロアと巾木を張り付けます。

IMG_2768.jpg

 
 
内装が終わったら立ち上げソケットと排水ソケットを取りつけます。
ここでは、排水部品が外れないようにしっかりと排水部品どうしを糊付けします。

IMG_2768.jpg IMG_2768.jpg

 
 
排水部品の取り付けが終わったら、給水部品である止水栓を取り付けます。

IMG_2768.jpg

 
 
いよいよ、便器とタンクの取り付けです。
お取り付けしたトイレは、、弊社おすすめの「TOTO製:ピュアレストQR」です。

IMG_2768.jpg

 
 
トイレを取り付けたら、便座とリモコンを取り付けます。
お取り付けした便座は「TOTO製:ウォシュレットS1(TCF6521)」です。
最後に元栓と止水栓を開け、水漏れしていないことを確認し、完成です。
 
 

IMG_2768.jpg

 
 
いかがでしたでしょうか?

トイレの交換風景でしたが、普段はあまり目にすることが少ないのではないでしょうか。

クラシアンでは、トイレの交換はもちろん、内装も含めたトイレのリフォームを得意としております。

さらに、和式トイレから洋式トイレのようなリフォーム工事などにも対応しています。

お見積もりは無料となります。お気軽にお問合せ下さい♪


和式トイレから洋式トイレへのリフォーム

2016年5月11日

リフォーム前のトイレ リフォーム中のトイレ1 リフォーム中のトイレ2 リフォーム後のトイレ

クラシアン横須賀です!

先月開業してから誰一人、事故・怪我・病気なく無事に営業しております。
お客様に元気な笑顔が見せれるよう、私生活にも気を付けてまいります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォームをご紹介します。
和式トイレを取り外し、床をフラットにしました。
内装工事を行い、洋式トイレを設置しました。
壁がタイルになっているので、その段差を生かし木を入れて落ち着く色合いに仕上げました。
お取付したトイレは、TOTO「ピュアレストQR(便器、タンクセット)」+クラシアン「シーティアQ(温水洗浄暖房便座)」です。

完成後のトイレを見たお客様にたいへん喜んでいただき、私もとても嬉しくなりました。
これからも、お客様に喜んでいただけるよう創意・工夫し、作業して参ります。


平便(トイレ内に段差のない和式トイレ)から洋式トイレへリフォーム

2016年3月11日

お早う御座います。クラシアン 厚木です。

三寒四温とは、言ったものですが・・・温度差が毎日激しい日々が続いております。
体調管理も仕事の内とはいえ、十分気を付けようと思った三月前半です。
インフルエンザも流行っておりましたが、皆様はお元気でしょうか?
健康第一で、毎日過ごして行きたいものですね♪

さて、トイレリフォームの写真を数枚。

リフォーム前の和式トイレ1 リフォームの和式トイレ2 リフォーム中のトイレ リフォーム後の洋式トイレ

どうでしょう、この仕上がり♪
元が和式だったとは、思えない程!と、自画自賛・・・(笑)
理想であれば壁のタイルもかえた方がよいのですが、なるべく予算を抑えて欲しいとの御希望です。
壁はそのままで、床だけかえました。

お客様のご要望に、出来る限りお答えします!
まずはお気軽に、コールセンターへお電話下さいませ(^^)

<<<<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>>>>
株式会社クラシアン厚 木 
神 奈 川 県 厚 木 市 船 子 602-1
<<<<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>>>>


和式から洋式へのトイレリフォーム

2015年11月29日

IMG_20151125_093425.jpgIMG_20151125_120949.jpgIMG_20151125_155750.jpgIMG_20151126_153729.jpg

お早う御座います!クラシアン厚木支社です。

急な冷え込みで、体調管理が難しい今日この頃・・・
いかがお過ごしでしょうか。
どなた様もお身体ご自愛下さいませm(__)m

毎月楽しみにしていた誕生祝いが、今月は出来ませんでした!
と、言うのも厚木支社はかなりの大所帯なのですが、いざ調べてみたら・・・
11月生まれが誰もいません!
来月までケーキはおあずけですね(p_-)

ということで・・・クラシアンの水まわりリフォームを紹介致します♪

今回は、汽車便を和式から洋式へリフォームします!

汽車便てなんですかー?
汽車便(きしゃべん)とは、床に段差がある和式便器の事です。
特別な呼称が付いていますが、よく見かけるので「家もこのタイプだ」という方がいらっしゃるかもしれません。
昔の汽車のトイレが、この形だったためこう呼ばれています。
汽車のトイレは狭く男女兼用で、男性が立ったままでも使いやすいよう段差をつけたらしいですね。

和式トイレを洋式トイレへリフォームすると、良いことがたくさんあります。

  1. 段差がなくなるので、ご年配の方や小さなお子様でも上り下りをせずに安全に使用出来る。
  2. しゃがまなくても良いので足腰への負担が少ない。
  3. 床がフラットになるので掃除がしやすい。
  4. タイルの床をフローリングやクッションフロアに変更することができるので、冷たく寒いトイレから温かい雰囲気のトイレになる。

クラシアンは全国どこでも伺います!
この機会にご実家のリフォームは如何でしょうか(^^)

以上、宣伝失礼致しました♪

 

 

来月は仕事も道路も混みあうかと思われますが、困ってるお客様の元へ

少しでも早くかけつけられるよう、頑張って参ります!

/////////////////////////////////////////
クラシアン厚木支社
神奈川県厚木市船子602-1
/////////////////////////////////////////


ショールーム 6/13 OPEN!

2015年6月14日

横浜ショールームのちらし 横浜ショールームの外観 システムキッチン:横浜ショールームの内観1 TOTOやLIXILの蛇口:横浜ショールームの内観2

お早う御座います!
クラシアン 厚木支社です。

梅雨時期ではありますが、お天気に恵まれた2015年6月13日、クラシアンのショールームが無事にOPENしました♪
御電話の際、『実際に商品を見てみたいのだけれど……』とお客様からのご要望を沢山頂いておりましたが、ようやく実現致しました!
ショールームでは、リフォームや設備交換の際に使用しているユニットバスやシステムキッチン、最新の節水トイレなどをご紹介しております。
これでお取付のイメージを湧かせていただく手助けになればいいな、と思います♪

残念?なことに、ショールームがオープンしたのはクラシアン厚木支社のお隣ではなく、クラシアン横浜支社の隣なのですが(-_-)
羨ましい限りです!
いずれは、クラシアン厚木支社にも……何か!(笑)

横浜ショールームは横浜市「センター北駅」徒歩5分。
駐車場のご用意も御座います。お出かけの際に是非お立ち寄りください。

できたばかりのショールームの存在は、まだまだ多くの方に知られていないので、またお手伝いに行こうと思います!
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げますm(__)m

横浜ショールームのご案内
 banner_showroom

トイレリフォーム 段差の解消

2015年4月23日

リフォーム前のトイレ リフォーム中、便器を外したところ リフォーム完成後のトイレ

またまたトイレのリフォームを行いましたのでご紹介致します。

台所の排水が詰まるトラブルがあって駆けつけたときに、台所の水がスムーズに流れるようになって、お客様に大変喜んでいただきました。
そのおかげで、このたびトイレのリフォームもお任せいただけることになったのです。
室内に段差のある和式トイレを改良して、腰かけられるトイレとしてお使いでしたが、本格的にリフォームして段差のない洋式トイレに変えることになりました。
新しく取り付けるのは、TOTO社の超節水トイレ ピュアレストQR(CS230BM、SH231BA)とクラシアンオリジナル温水洗浄便座シーティアQです。
床をフラットに張り替える工事をして、新しい壁紙と床のクッションフロアを張り、手すりも取付けました。

工事が終わったのは夜遅い時間でした。
リフォームが完成するのを楽しみしていらっしゃったお客様が、仕上がりをご覧になって大変喜んでくださいましたので、僕も非常に嬉しかったです。

今後もお客様に満足していただけるように頑張ります!!

*********************************
株式会社クラシアン 横浜支社
0120-511-511
*********************************


トイレリフォーム

2015年3月25日

交換前のトイレ TOTO ピュアレストQR

クラシアン横浜の鯉渕です。
今回、ご指名を頂きましたお客様宅のトイレのリフォームを行いましたのでご紹介致します。

超節水型のトイレ「TOTO製 ピュアレストQR[便器:CS230BM][タンク:SH230BA]」のセットと、当社オリジナル温水暖房洗浄便座「シーティア Q」に変更しました。

壁紙と床のクッションフロアも張り替え一新しました!

お客様には大変喜んで頂いたので、私も大満足です。
今後もお客様に安心をお届け出来るよう頑張ります!!


和式から洋式にトイレの模様替えをしました!

2015年2月7日

和式トイレ クッションフロアを敷く TOTOのトイレ「ピュアレストQR」 もとの和式トイレ 洋式トイレ用に整備 交換後のトイレ

こんにちは!クラシアン横浜支社 鯉渕です。
今回、企業様の和式トイレを洋式トイレに模様替えしましたので、ご紹介致します。

従業員の方が和式だと辛いということで、代表者様が洋式に変更したいというご要望にお応えしました。
従業員を大切に想われている代表者に感銘を受け、丁寧に精一杯作業させていただきました。

今回、男子トイレと女子トイレの2箇所を超節水型のトイレTOTO製のピュアレストQR(CS230BM・SH231BA)に変更しました。
同時にタイル床を木床工事し、その上にクッションフロアを施工しました。

完成した後に、代表者様より「立派だ!」とお声を頂いた時は非常に嬉しく思いました。
クラシアンの仕事を誇りに思う瞬間です。


和式から洋式トイレへ

2015年1月31日

和式トイレ 便器を外した状態 床板と壁の工事 便器を設置 トイレリフォーム完了

クラシアン厚木支社です。
毎日寒さが厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザがはやっておりますので、まずは手洗いうがいをしっかりと!
子供のクラスでインフルエンザがはやり、学級閉鎖になるぐらい流行っております(・_・;)

健康は大事にしていきたいものですね(^^)

さて、今回のブログは年明けしてすぐに施工させて頂いた和式トイレ→洋式トイレリフォームです。
通称 和洋!!で、御座います。

基本的な手順として、

  1. 和式トイレの解体
  2. 床・壁貼り
  3. クッションフロア・クロス貼り
  4. トイレ設置

といった形で行う事が多いです。

おトイレは狭いイメージですが、全て解体し終わると意外と広いのですよ。
四隅に柱があり、地震の時に逃げ込め!などと言われるぐらい、お家の中では頑丈なスペースです。
なので、解体も一苦労・・・。

しかし、全て終わると新築のように様変わり(*^_^*)
完成のトイレを見て、お客様が驚きなるのを、毎回楽しみにしております(@_@。

タイルからクッションフロアにする事で温かみも増しますし、なんといっても使用する際、楽になります!

まずは無料お見積りから如何でしょうか♪
何時でも 0120-511-511 までご連絡お待ちしております〜(^_^)/~

CMの様になってしまいましたが・・・
今年も宜しくお願い致しますm(__)m

==============
クラシアン厚木支社
神奈川県厚木市船子602-1
==============