水漏れの原因は・・・

2017年5月5日

IMG_0774.jpg IMG_0775.jpg

クラシアン姫路のアルエです(*´∀`*)
暑くなりましたね〜(^-^;

トイレで便器と床の間から水が出ているとのご連絡でお伺いいたしました。
実際に見てみると、便器とタンクを固定しているボルトから「ポタッ・ポタッ…」と点滴のスピードほどで床に水が落ちていました。
落ちた水が便器を伝って、便器の周りが濡れいているという内容でしたので、便器からタンクを外し状態を見てみることに・・・
タンクと便器の接続部分に挟むパッキンが劣化で薄くなりヒビ割れしていることが水漏れの原因であることが判明いたしました。

普段パッキンは動かすところではないので、漏れる事はほとんどないのですが、長年使用すると弾力・厚さ・形などが変わってきます。

年数が経つとこのようなトラブルが起きる確率が増えてくるので、定期的なチェックとメンテナンスをすることを推奨いたします。
水漏れの水量は、少なくても漏れ続けるため、床面(木材やクッションフロアなど)を傷付け、2次災害にもつながってしまいます!

些細だと思うことでも、実は危険な事もあります。
ご相談や出張・点検・見積は無料ですので、当社フリーダイヤル(0120-511-038)までご連絡ください。
勿論、その場で修繕できるように材料もご用意いたします。


トイレタンクに水が溜まらない

2017年4月27日

IMG_20170421_4758.jpg IMG_20170421_22933.jpg

こんにちは!クラシアン神戸のharuと申します(^^)/

トイレタンクの手洗管から水が出ないお宅にお伺いました。
長くご使用されたことでタンク内部品の劣化が見受けられました。
部品の劣化によりタンクへの水の供給に時間が掛かる状態でした。

以前より節水トイレへの交換を検討されていたそうで、このタイミングでトイレ交換のご依頼をいただきました。
温水洗浄便座は使用されないとのことでしたので、弊社おすすめのLIXILフチレストイレに暖房便座のセットで交換いたしました。
これまでご使用のトイレは大容量のタンクだった為、約1/3の水量となり、かなり節水できることに喜んでいただけました\(^o^)/


給水管の修繕&トイレの床工事

2016年9月29日

IMG_20160929_3514.jpg IMG_20160926_3199.jpg IMG_20160926_37327.jpg IMG_20160926_14899.jpg

こんにちは!
クラシアン神戸のHARUと申します(^^)

トイレの周辺で水漏れしているとご連絡を受け、駆けつけました!

老朽化が原因で給水管から水漏れしておりました。

給水管の修繕とあわせて、トイレの床をタイルからクッションフロアーへ改装工事いたしました。

見違えるようになったと大変喜んでいただけました\(^o^)/


ウォシュレットの交換

2016年7月22日

交換前のウォシュレット 交換後のウォシュレット

こんにちは、クラシアン神戸のべーさんです(*”)

便器と床の間から水漏れしているとご連絡が入りお伺いしました。

お調べしたところ、ウォシュレット内部の貯湯タンクから水漏れしておりました。

ウォシュレットを交換することになりました。

車椅子でご使用とのことなので、自動洗浄や温風乾燥機能も完備(=゜-゜) これで安心ですね!


トイレの水が止まらない!

2016年6月29日

部品交換前のトイレ 部品交換後のトイレ

クラシアン神戸のかっさんです!

トイレで水漏れしている現場に急行いたしました!

確認すると、便器にずっと水が流れ続けております。

フラッシュバルブが故障しており、部品を交換いたしました!

水回りの事はなんでもお任せ下さい。


トイレリフォーム

2016年6月23日

交換前のトイレ 交換後のトイレ

クラシアン神戸のアルエです( •̀∀•́ )✧

トイレが水漏れしていることがきっかけで、便器・タンク・シャワートイレを交換いたしました!
その際、CF[クッションフロア]の張替も合わせて行いました!!
トイレが新しくなったことと、若干ですがトイレスペースが広くなったことで、お客様に喜んでいただけました。(=^ェ^=)


トイレ手洗い場の給水管から水漏れ

2016年5月27日

水漏れしているトイレ手洗い場 修理後のトイレ手洗い場

クラシアン神戸です。

トイレ手洗い場の給水管から水が吹き出していました。
手洗い器の給水管が抜けてしまっていたことが原因です。
パイプの長さが少し短かったので、新しく給水管を作成して取り付けました。

これで安心してお使いいただけますね!(=゜-゜)b


ファイバースコープで排水管の中を調査

2016年4月29日

ファイバースコープで排水管の中を調査中 カメラに写ったつまりの原因

こんにちは、クラシアン神戸のIです。

誤ってトイレに異物を流してしまい、管内カメラで排水管の中を調査することになりました。
ファイバースコープで排水管の中を見ていくと、3m位進んだところで落としたものが引っかかっているのが写りました。
詰まっている場所がわかっていると、すぐに修理工事に取り掛かれますし、問題のない場所まで壊したりする必要がありません。

また、管清掃をする際に、清掃の前後を撮影しておくと、汚れがしっかりとれているかチェックすることも可能です。