給排水設備を新設

2018年5月23日

DSC_0141.JPG

クラシアン旭川のツッツーです(・ω・)
『洗面台を設置したので給排水を繋いで欲しい』とご依頼がありました。
給排水の他に洗濯機を乗せる台の下地もあわせて作成いたしました。


半年研修 in 越谷

2018年5月20日

image1_3.jpeg

こんにちは。クラシアン苫小牧の青い彗星ことケンゾーです!

半年研修に行って参りました。

千歳空港で札幌の同期2人、苫小牧からぼくと1期先輩のH氏が合流し、搭乗手続きを済ませるとH氏がなにやら落ち着かない様子です。話を聞くと、H氏は飛行機がダメで特に離陸時の体にかかるGと浮遊感が苦手らしいです。

羽田空港に着き、モノレールと電車を乗り継ぎ無事埼玉県新田駅に到着。
みなさんが気になってであろうH氏はというと、羽田空港に着いた頃にはざっと見て20歳は老け込んでました。

新田駅から出て駅前通りのアーケードを抜け、横断歩道を渡り、綾瀬川を越えると程なくしてクラシアン東日本研修所に到着です。
久し振りに会う同期達の顔からは研修当時にはなかった自信を感じ取ることができます。
困っているお客様のもとへ一人で伺うようになって5ヶ月、たくさんの現場を経験し、それが少しずつ自信になっているのです。
ちなみに空の旅の影響が抜け切らないH氏の顔はまだ老け込んだままです。

講師である研修所の所長と課長とは5ヶ月振りの再開なので嬉しくてちょっとニヤニヤしちゃいます。所長には、会って開口一番「お前はなにも変わらないなあ」と言われました。他の同期は明らかに顔つきが変わっているのにぼくだけ変わらないのです。

前置きは長くなりましたが、本題の半年研修です。研修生全員でお題を出し合い、それぞれが経験した案件の症状や修繕方法など話し合いました。熟練の先輩達にとっては当たり前の症状、当たり前の対処法でも、まだまだ卵から孵化したばかりのヒヨコのぼくらにはひとつひとつが新鮮で勉強になることばかりです。
4時間ほど、みんな納得するまで意見を出し合い研修は終了。
同じスタートラインからせーので走り始めた仲間達、だからこそ馴れ合わず誰にも負けない気持ちで切磋琢磨していこうと同期みんなで激励し合ってきました。
こういう機会を設けてもらえることやはりモチベーションに繋がります。
次また同期で集まる時はケンゾーも顔つき変わってますね。きっと眉毛太くなってます。

水廻りのことでお困りの皆様、クラシアンにお任せあれ!
クラシアン苫小牧のケンゾーが眉毛を太くしてお待ちしております\(^-^)/


半年研修

2018年5月4日

image1_2.jpeg

こんにちは。クラシアン苫小牧のケンゾーです。

半年研修に行ってきます。

クラシアンでは新入社員は入社後1ヶ月間先輩スタッフの車に同乗し、後ろにピッタリくっついて基本を学びます(くっつき過ぎると怒られます)。ぼくは去年の10月、当時の所長○田さんに近いと怒られました。作業中ふと振り返ったらぼくの顔が近過ぎたらしくビックリして声が出てました。なのでくっつき過ぎるのは注意です。気を付けましょう(笑)
1ヶ月間の同乗研修を終えると次は埼玉県は越谷市にそびえるクラシアン東日本研修所にて1ヶ月間弱の合宿研修があります。
東日本各地の支社から入社2ヶ月目の社員が集まり、座学と実技の研修を受け、最後に待ち受ける筆記と実技の試験に合格したスタッフのみが横浜本社の修了式に参加し、晴れてサービススタッフとして各支社にて暮らしに安心を提供できるようになるわけです。
ぼくが参加したのが去年の11月に実施された第55期研修、東日本で11人の研修生がいました。生まれも育ちも違うその11人が一つ屋根の下、1ヶ月間寝食を共に一つの目標のために切磋琢磨しながら学びます。壁にぶつかった時は協力し合い、挫折しそうになった時は励まし合い、同期や同僚という枠を超えた、友情や仲間意識ができていました。

そんな同志達と4ヶ月振りに研修所に集まりディスカッションするのが半年研修なのです。それはそれは楽しみです!

半年研修の報告はまた次回!
写真は去年の11月、研修の全日程を終え、修了式に向かう仲間達です。


接客講習 PART2

image1.jpeg

こんにちは。クラシアン苫小牧、2018年度非公式ゆるキャラのケンゾーです。
北海道も大分春めいてきまして、外を歩くと土の匂いが鼻をかすめるようになってきました。
苫小牧は15度前後の暖かい日が続いております。

5月もクラシアン札幌にて北日本事業本部長による接客講習が行われました。
参加者は前回同様ぼくを含む新人5人衆。向かって左から、苫小牧支社Hさん、札幌支社Iくん、札幌支社Hくん、札幌支社Nさん、北日本事業本部長。メガネ比率高めです。
残念ながらケンゾーは枠外です。
今回は前回の復習と新人同士の意見交換など、真剣な中にも笑いあり、涙あり、いや、涙はないです(笑)
ぼくたちニュークラシアン人たちはこうして成長していくのでした。
お客様の暮らしに快適と安心を提供するために新人一同勉強に励んでおります!