階下漏水

DSC_0309.jpg DSC_0310.jpg DSC_0311.jpg DSC_0313.jpg DSC_0314.jpg

クラシアン 苫小牧のIです。

1階の天井から水漏れしているとお電話を受け、早速お伺いしました。
天井と壁の継ぎ目から水漏れしており、真上は2階のトイレです。
天井を開口し除いてみたところ、2階排水管のL字になっている継手が破損していました。
お客様に確認していただき、早速工事を開始いたします。
まずは、お客様の室内及び建具が汚れないようにしっかりと養生します。
養生が終わると工事を開始します。
排水管引き替え工事では、適切な勾配をつける事と、出来るだけ継手を少なくし、シンプルな配管にする事が基本です。
勾配は最低でも1/100をとらなければいけません。シンプルな配管にすることで流速の損失を防ぎます。
これらの基本を無視して施工してしまうと詰まりやすい排水設備になってしまいます。
新たに新設したL字継手は『大曲L字継手』といい、以前と比べ流速の損失を少なくすることができ、スムーズに流れてくれます。

お客様の暮らしに安心を提供するため、クラシアンスタッフは日々、専門知識・技術に磨きをかけています。
水廻りのトラブルはクラシアンにお任せ下さい(^_-)


おせち

IMG_20171231_121842.jpg

クラシアン札幌のNです。

部長から豪華なおせちを振る舞っていただきました!

クラシアンに入って初めての大晦日、元日です。おせち頂いて元気に頑張りたいです。

 

LINE_P20171231_193348759.jpg

クラシアン札幌のゴノです。

毎年恒例となりました事業部長からのおせちの差し入れです!
とても美味しいんです!多分高いんだろうなぁ・・・
北海道では大晦日におせちを食べる家庭が多いようです。
我が札幌支社もご多分に漏れず、大晦日に食べちゃうんです!
元日からは餅でOKです(^_^)


異種管を繋ぐ特殊な継手

DSC_0257.jpg DSC_0255.jpg

クラシアン苫小牧のIです。

異なる水道管同士を繋ぐ特殊な継手がございます。
その名も『SKX継手』。ポリ二層管と、元々埋設されていた銅管をつなぎ合わせました。
正式名称は『伸縮可とう離脱防止継手』といいます。優れものです(^_-)


ドライアイスを使用して緊急止水!

DSC_0254.jpg

クラシアン苫小牧のIです。

『トイレの水抜栓がおかしいのでみて下さい』とご相談があり、苫小牧市内のお客様のご自宅へお伺いいたしました。
点検したところ床下からゴーッという物凄い音がしております。水抜栓が床下で折れて水が噴き出している状況です。
水道メーターは勢いよく回っております。急いで水道メーターの手前に設置してある止水栓を止めようとするものの、びくともしません(>_<)困りました(*´д`*)
止水栓は固着している状況で無理に力を入れると水道管が折れ噴水状態になってしまいます。
穴を掘り、直接手を加える必要があります。お客様に了承を得て掘らせていただきました。
ドライアイスを使用して一時的に凍結させて、凍っている間に応急処置を施しました。翌日、部材を用意し、改めて修繕工事に伺いました。


屋外不凍水栓柱の交換

DSC_0250.jpg DSC_0251.jpg DSC_0253.jpg

クラシアン苫小牧のIです。

苫小牧市内にお住まいのお客様からご相談が入り早速出動いたしました(‘◇’)ゞ
ご相談内容は屋外に設置してある水道の水漏れです。

北海道のような寒冷地では、冬季の凍結防止のために、水抜が出来る不凍水栓柱が設置してあります。
水道管内の水が抜ける仕組みになっており、抜けた水は地中に浸透します。
ところが、故障してしまうと水が地中へ抜けず、水道管の中に停滞してしまいます。
故障が冬場だと水道管内の水は凍ってしまい、氷の膨張で水道管が破裂してしまうことがあります。

苫小牧市内の水道メーターは凍結防止のために設置深さが1m20cmにあります。
交換工事では、水道メーターと同じ深さにある埋設管(凍結しないように埋まっている管)まで穴を掘り、故障した不凍水栓柱を取り替えました。
毎年来る厳しい冬に備えて、今一度外廻りの水道をチェックしてみてくださいね(^_-)


研修期間が修了

クラシアン苫小牧です。
1ヶ月の研修期間が修了し、サービススタッフのKくんに社員証が届きました。
これから毎日お客様へ提示する事になります。大事に扱って下さいね。


架橋ポリ管の水道凍結作業

DSC_0245.jpg DSC_0247.jpg DSC_0248.jpg

クラシアン苫小牧のIです。

近年、配管設備工事において施工性及び耐食性に優れている架橋ポリ配管が増えています。
しかし(-_☆)
北海道のような寒冷地においては状況により不向きなケースもございます。
最近の新築物件は架橋ポリ配管が主流ですが凍結してしまうと大変です。

苫小牧市内の築一年のアパートで、台所のお湯の配管が凍結してしまった為、配管を切ってスチーム解氷をいたしました。
何故切るのかというと、金属製の配管(鉄管や銅管)だと通電性があるので電気解氷機を使用出来ますが、架橋ポリ管(樹脂管)は通電性がないため電気解氷機を使用して解氷する事ができません。
したがって、ご家庭ではひたすら部屋の中を暖かくするか、気温が上がる春まで待つしかありません。
外気がマイナス5度以上が水落しの目安です。お気をつけくださいね。


凍結で蛇口の破損

DSC_0223.jpg DSC_0226.jpg DSC_0230.jpg

クラシアン苫小牧のIです。

今年は例年に比べ寒の入りが早く、水道管凍結のご依頼が早くも入ってきています。
苫小牧市内のお客様から、水道管が凍結し家中の水が出ない、とご連絡をいただき早速出動いたしました(‘◇’)ゞ
到着し点検したところ、駐車スペースの地面から立ち上がっている水道管が凍結している状況でした。
お客様に状況をご説明し、早速作業を開始いたしました(‘◇’)ゞ
不凍水栓と水道管に電気解氷機を接続。約5分で解氷され通水いたしました。
家の中の水まわり全てで、水・お湯が出ることを確認いたしました。
しかし、浴室のシャワー水栓が凍結により破損してしまいました。
浴室には換気扇がついていますが、換気扇のスイッチを切ってしまうと冷たい外気が換気扇から入ってきてしまいます。
浴室のドアを締め切って換気扇のスイッチを切ってしまうと浴室内が冷え切ってしまい、蛇口などが凍って破損してしまうことがありますのでお気をつけくださいね(’-^*)


クラシアン札幌 11月誕生会

20171117_160931.jpg

クラシアン札幌のIです。

誕生日に会社から電気毛布のプレゼントを頂きました!

とっても暖かいです。


マイナス5度

line_1512169380174.jpg

クラシアン旭川のツッツーです(´・ω・`)

12月に入り、朝8時の気温はマイナス5度!
どんどん寒くなります。