水栓柱の設置

2017年6月25日

20170618_163628.jpg 20170625_115442.jpg

こんにちはー
クラシアン福島浜中のS田です!

お客様からのご依頼で水栓柱を設置いたしました。
穴を掘り、無事に設置いたしました。
ご希望通りの仕上がりに、お客様に喜んでいただけました(^○^)


不凍給水栓の交換

2017年2月28日

DSC_2975.jpg DSC_2987.jpg DSC_2977.jpg DSC_2990.jpg DSC_2995.jpg DSC_3000.jpg

こんにちは。
クラシアン福島浜中の○村です。

店舗様から「漏水の疑いがあるがどこで漏れているのか調べて欲しい」とご依頼いただきました。
調べてみると、外の不凍給水栓の地面の中で水漏れしていることが分かり、交換することになりました。
不凍給水栓のボックス回りのコンクリートを壊し、掘っていくとやはり地面の中で水漏れが確認できました。
新しい不凍給水栓と入れ換え、ボックスをつけ直し、モルタルで補修いたしました。
原因不明の漏水が止まり、店長様に安心していただけました。


知らず知らずのうちに漏水

2016年2月8日

交換前の屋外にある水栓柱 水栓柱を交換する様子 交換後の水栓柱

こんにちは。クラシアン福島浜中のWです。
今回、漏水に関するご依頼でお伺いをしました。

検針の時に、水道局の方から漏水していると指摘を受けられたそうです。
しかし、何処で漏れているかがお分かりにならないようでした。

そこで我々の出番です!
家中・屋外、全て探しました(>_<)
そして、みごと発見しました( ̄^ ̄)

冬になり、凍結防止の為にと、屋外の水栓柱の水抜きをされたようです。
しかし、経年劣化の為か、地中に水が抜けっぱなしになっていました。

という事で、水栓柱を新しい物に交換しました。
勿論、新しい物は見た目・操作性は格段に向上しております。

クラシアン福島浜中は各市町村の水道局指定工事店です。
水まわりのトラブルは何でもご相談下さいm(__)m


【給水管漏水】一次側止水栓が見あたらない

2016年1月25日

埋設された給水管の水漏れ 漏水した給水管を修繕する様子1 漏水した給水管を修繕する様子2

こんにちは。クラシアン福島のHです。
先日、給水管の漏水修繕を致しました。

ご依頼いただいてお伺いしたのですが、こちらの現場では、一次側止水栓が見当たりませんでした。そのため、水道局に行き、図面を確認したのですが、やはり見あたらない!
どこかに埋まってしまって、止水栓のありかがわからない状態でした。

そんな時に使用したのが、パイプ圧着機です。
パイプをつぶして水を止め、新しく繋ぎ直します。
つぶしたパイプは整形し、ユニオンでカバーをして終了です(^_^)/

無事に漏水が直り、お客様にも一安心していただくことができました(^_^)_


排水管修繕

2015年11月30日

排水管 排水桝と排水管 勾配調整中

こんにちは(*ゝω・*)ノクラシアン福島のY山ですっ

今日は排水管工事をしてきました。
長年使用していた排水管ですが、年数が経過した為か、勾配がくるい流れが悪くなってしまったため、排水管の修繕をすることになりました。
排水管で流れが悪い原因といえば木の根や油の詰まりがありますが、勾配が変わってしまうこともあるんです。
水の流れが悪いと感じたら、クラシアンまでご相談下さい!


不凍水栓柱の交換

2015年9月1日

水が出なくなった屋外の不凍水栓柱 交換後の水栓柱

こんにちは。クラシアン福島のS村です。
外の水道が出なくなったとのご依頼で、さっそくお伺いさせていただきました。

水が出なくなったという場所というのは、屋外に設置された不凍水栓柱でした。
玄関や庭先などの屋外に取り付ける水栓のことを水栓柱といいます。不凍水栓柱というのは、水栓柱の中でも、冬に凍ってしまわないよう、水栓柱に水抜き・不凍機能が付いた構造となっています。

不凍水栓柱を点検すると、上部のハンドルが故障し、空回りしている状態でした。老朽化もすすんでいることから、新しい水栓柱に交換させていただくことになりました。
交換の際は、まず水栓柱の足元のコンクリートを壊し、古い水栓柱や水道管を撤去します。そして、新しいものと入れ替えて、コンクリートを補修して出来上がりです。
再び外の水道が使えるようになって、お客様に喜んで頂きました。

屋外でも屋内でも、水まわりのことならクラシアンまでお気軽にご相談くださいね。


!! 緊急出動 !!

2014年1月4日

badff410b8742df2cc9c0e418fb3f6cb.jpg 7c40f39d3710dd523fcc6f04b7d5be20.jpg d803de8be38757feb69f61eb5a9bbb7c.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年もクラシアン福島浜中を宜しくお願い致します。

改めまして山下です。
緊急出動の一コマをご紹介します。

1  「配管が折れた」との御電話を頂きました。

2  現場到着時には、この様な形でした。 (写真1枚目)

3  配管のネジ部が腐食により折れてしまったようです。

4  お客様がDIYにて蛇口交換をされてた時の出来事のようです。

5  埋設の根元から配管を新しくします。勿論、腐食対策も忘れずに・・・ (写真2枚目)

6  夕方から始めて夜になってしまいましたが完成です。 (写真3枚目)

最近は、このようなDIYによるアクシデント案件が増えてきております。
お住まいの配管の状態までは、なかなか分らないものです。
クラシアンでは、お客様の持ち込みの蛇口やウオシュレット等もお取り付け致します。
見積り、出張料は無料です。
一度、御相談下さい。